英語学習 ~TOEIC ・英検 初段への道~

TOEICと英検に挑戦するブログ

スポンサーリンク


貴乃花問題

相撲にはほとんど興味がないけれど、貴乃花相撲協会を去るというニュースを聞いて暗澹たる思いになる。貴乃花のすべてが正しいわけではないだろうが、相撲のことを思って改革したいという純粋な思いで行動していたと信じるとして、では貴乃花はどうすれば良かったのか。

 

どう動けば良かったか。自分が理事長になるまでひたすら我慢する道が正しかったのか?仲間を増やして改革を訴えるのが良かったのか?私は仲間を増やすのが良かったのだと思う。ただ、彼の性格からして口下手で仲間を説得するスキルは持っていなかったのだろう。一匹狼は組織の前では、どんなに実績があっても世論を味方にしても、ほぼ無力ということを痛いほど見せつけられた。

 

彼の志は素晴らしいものであったが成功する可能性が高い方法を取れなかった。筋を通そうとしたが故に村八分にされ、失意のまま退職せざるを得ない形となった。

 

暗澹たる思いなるのは正しい者が失敗し去っていくという現実を見せられたからではないか。

 

貴乃花には素晴らしい第2の人生が待っていることを望みたい。できれば相撲協会に戻って素晴らしい組織にしてくれる日が来ることを願って。