英語学習 ~TOEIC ・英検 初段への道~

TOEICと英検に挑戦するブログ

スポンサーリンク


TOEIC 初心者 200点台~300点台の勉強の仕方

  • まずは音読

僕はTOEIC200点台からスタートした訳ですが、まず、初心者が何に手をつけるべきかを考えたとき、自分の経験から一番効果があったのは音読なので音読をやってみて下さい。

 

リスニングとか他の勉強も加えたほうがより良いのは間違いないですが音読一本に絞ったほうが良いと思います。特にリスニングはお経のように聞こえてしまい挫折の元だと思います。

 

音読の教材はなんでも良いのですが、TOEIC200点台だと中学の教科書が良いです。中学生の教科書の音読を300回位やれば相当力が着きます。

 

音読も飽きるという方は、瞬間英作文が良いでしょう。例えば、

 

      私は学生です。 ⇒ I am a student.

      彼女は看護婦ではありません。 ⇒ She is not a nurse.

というように日本語を英語に直していくトレーニングです。文自体は簡単ですが日本語から英語は結構難しいです。書きではなく話すなので、冠詞のaが抜けたり、amがisになったりします。

 

下記は有名な瞬間英作文の本ですが、ここでも繰り返し重要性が説かれています。初心のうちは飽きないようにすることも大事なので、繰り返し回数を記録すると同時にタイムアタックもしましょう。間違えずにすべて言える時間を計測してそのタイムを縮めていきます。自分との闘いに打ち壁を破りましょう。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

私の場合は、この本だけでTOEICは400点を超えました。中学文法だけなんですけどね。ただ、回数は300回以上は繰り返していると思います。

  • ずっと音読をやっていきます

音読はいまでも大事なトレーニング方法です。通ったNCC綜合英語学院でも必ずなんども英文を音読して暗唱できるまでもっていきます。これは当然と言えば当然です。スピーキングの際、既に知っている文章をもスラスラ言えないのに、本番で流暢に話せる訳がありません。本番時は練習時の30%位の力しか発揮できません。

 

音読や瞬間英作文は自分のレベルアップが体感しやすく飽きずにできるトレーニングなのでぜひやってみて下さい。

このトレーニングはとても大事なのでまた追記したいと思います。