英語学習 ~TOEIC ・英検 初段への道~

TOEICと英検に挑戦するブログ

スポンサーリンク


TOEIC600点のリスニング強化法

英語のリスニングのイラスト

TOEICのリスニングの点数を上げる勉強のための記事です。

リスニングの点数を上げるために、リスニング教材を最初に買いたくなりますが、まずはやるべきは単語力の強化です。リエゾンががどうだと言う前にまずに単語を覚えるべきです。知らない単語に出くわすとリスニングでは手の打ちようがありません。リーディングでは推測できますがリスニングは推測はかなり困難。それゆえ、単語力の増強が600点達成の近道となります。

覚えるべき単語はTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)でいうと600点レベルに集中して確実に覚えて下さい。リスニングではそんなに難しい単語はでないので600点レベルを確実に覚えるべきです。ここでの確実という意味は、ちょっと考えて思い出すことができるレべルではなくて、聴いてそのままがイメージできる状態です。日本語に直さなくても理解できる状態です。このレベルにならないと実際のリスニングでは音声はどんどん流れていってしまうのでPart3や4ではキツイです。聴きながら日本語に変換している暇、もちろんウーンって単語の意味を思い出している暇などありません。それゆえ、リーディング対策として金のフレーズを全部覚えて欲しいのですが、リスニングのために600点レベルを完璧にしておく戦略は有効です。

語彙が不足していていると加速度的に悪い方向に向かいます。分からない語彙があると、次の言葉を単語が知っていても聞き逃すことが多くなり、重要語句を聴き逃し命取りになるということがよくあります。難しめの単語の後に簡単な単語が続き、その簡単な単語が一回しか出ない、しかもそれが答えにそのものになっている問題もあります。

僕の経験ですが、TOEICで700点を超えられなかった頃、車のセールの問題だったのですが、carの前に難しめの単語があり、このため簡単なcarの1単語が聞けずに、それだけで誤答してしまいました。このような状況を避けるため、まずは単語を読んで理解ではなくリスニングで理解できる状態が必要です。

念のために書いておきますが、発音はちゃんと確認しておいてください。知っている単語なのに想像とは違う発音をしていて聞けなかったなんて情けないことにならないよう、音声を聞いて発音を確かめましょう。また、発音記号はTOEICでは必須ではないですが覚えておくといいと思います。将来、きちんと発音できている英語を将来話したりしたいと思うなら早い時点で覚えるべきです。絶対に役に立ちます。