英語学習 ~TOEIC ・英検 初段への道~

TOEICと英検に挑戦するブログ

スポンサーリンク


TOEIC 2019年3月10日

f:id:morisan3rd:20190404221241p:plain

3月10日受験したTOEICの結果が帰ってきました。点数はいつも通りの600点後半~700点台前半です。2年前からあまり変わっていません。600点台になる割合が減った位でしょうか。いつもリーディングのほうが良いのですが、今回はリーディングが下がりリスニングが上がりました。リーディングは文法のpart5に時間をかけすぎたのが良くなかったと思います。と分析してみるも単に読むスピードが遅いだけです。

 

TOEICと関係するのですが別の話。来月、海外出張になりそうです。そのため、案内状というか国際会議に参加するための招待状みたいなものを読むことになり、2点ほど気がついたので書いておきたいと思います。

1点目は、招待状にはTOEICで出てくる単語、表現がそのまま出てきました。このままTOEICの問題にしてもおかしくないくらい。be responsible to やmake a reservationなどなどです。TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

の単語もたくさんでてきました。TOEICの表現は試験のために作られて実際には使わないんだろうなぁとか思いがちですが、実際の英語でもちゃんと使われることに気づいた次第です。TOEICの勉強は試験対策だけのための勉強と思う必要はないようです。

2点目はやっぱり読むスピードが遅いことが分かったことです。読むのが遅く今日はこんな感じでした。⇒ 自分はこの招待状をいつまで読んでるんだ・・・。まだまだページがたくさんあるのに・・・。イライラ。日が暮れてしまう。はっ!!これってTOEICが求めている速読ってことか!?もっと早く読まないと実際に英語を使うときには役に立たないということか。

この現実を突きつけられるとTOEICのスコアも700点前後をうろうろするもの納得するしかありません。単語は分かるんですが速く読めないですね。TOEICのための試験対策はやりたくないと言っていましたがTOEICできずに実用英語ができるはずがありません。

ただねぇ、2年前から点数が変わっていないといいましたが決してさぼっていた訳ではないですよ。言い訳ですが・・・。この間、私はNCC綜合英語学院に通っていました。NCC綜合英語学院はスピーキング対策がメインなのでTOEICの点数を上げるのは特別課題をバリバリこなせる人じゃないと難しいかもしれません。NCC綜合英語学院は通常の宿題だけでもかなり大変なのでそのうえ特別課題をやるとなると相当頑張る必要があります。ゆえにTOEICの点数が必要な人は、NCC綜合英語学院からTOEIC専門のすみれ塾へ変えることも結構あるそうです。すみれ塾がNCC綜合英語学院を勧めているのですが現在は逆流現象も起こっている模様です。

最後に、若干デスってしまいましたがNCC綜合英語学院はとても良い学校です。やっただけ伸びると思いますのでやる気のある方はぜひ門を叩いて下さい。特にスピーキングは伸びます。僕はTOEICこそダメですけど英検準1は合格しました。