英語学習 ~TOEIC ・英検 初段への道~

TOEICと英検に挑戦するブログ

スポンサーリンク


TOEIC247回の結果

f:id:morisan3rd:20200211222017p:plain

TOEIC247回のアビメが届きました。結果はL445点、R380点の825点!自己ベストを更新です。

 

このブログを書いている今、ヤクルトの名将 野村監督が亡くなったという訃報を耳にしましたが、この瞬間、次の言葉が心に浮かびました。「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」。今回のTOEICはまさに不思議な勝ちでした。なぜなら、TOEIC247回の感想で茫然自失=大負けと予測したのですが、蓋を開けてみれば勝ちだったからです。本当に不思議な勝ちです。

後付けですが、自己ベストを更新できた理由を考えてみると、今回の試験は、1日2時間以上、正月も真剣に勉強して臨んだので負けなかったのかもしれません。回答は自信を持って正解を選べませんでしたが、消去法がうまくいった可能性はあります。

勝っても、「負けに不思議な負けなし」という名言を戒めとし、負けが確定の状況に陥らないよう精進していく予定です。野村監督のご冥福をお祈りいたします。

以下がアビメです。

f:id:morisan3rd:20200211223047p:plain
リスニングは2番目の「長めの会話」の項目以外は9割を超えています。しかし、実際の感覚としてはそんなにリスニング力が高まった気は全くしません。上で書いたように今回の結果は消去法がうまく機能した結果だと思います。完全に理解できた部分は全体の3~5割位であって、そこから予測して導いた答えの正答率が9割になったということだと思います。真の英語力ではないですね。TOEICが実際の英語力と点数との乖離と言われるのはこの辺りが所以だと思います。percentileは83。上位17%に入りましたが、まだまだ納得できるものではありません。

リーディングについては前回385点でしたが380点に下がってしまいました。勉強したのに点数が下がるのは辛いですね。今回の下がった原因はメンタル面が良くなかったためだと思います。リスニングで全然ダメと感じて(本当は良かったのだが・・・)モチベーションが下がり気味だった自分をリーディングパート前に鼓舞したのですが結構引きづった気がします。それと、パート6で大問1問まるまる意味が取れない文章があったためペースが乱れました。

アビメのリーディングの1番目の「推測」も苦手な模様。これは正確に英語が読めてないから予測できないのかな。3番目の「情報の関連付け」がダメなのはこの分野が苦手というよりマルチパッセージに到達したにすでに時間が無くなってしまったというほうが大きいと思います。最後まで解けるようになってなおこの分野の点数が伸びない場合はそれに特化した対策が必要かと思いますが、まずは全問解き切ることを目標としたいと思います。まだ、リスニングパートは5~10問ほど残ってしまいます。

語彙と文法の項目は両方とも85%程度。最近にしては高いほうですが、時間を十分にかけて解いていた昔は90%程度を取れていたこともあったので、素早く正確に解くのがパート5と6の引き続きの課題です。

引き続き頑張ります。

 

 

 

 

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 4話(ダイ爆発 後編)

f:id:morisan3rd:20200127222124p:plain

出展)ドラゴンクエスト ダイの大冒険 4話(ダイ爆発 後編)

キラーマシーンの最終回。ここでもキラーマシーンの硬さが協調されています。僕も実際にドラクエをやったときにキラーマシーンの硬さは体感済みだったので、妙に納得して読んだものです。キラーマシーンってなんて守備力高いんだろう。呪文効かないし。

この回はキラーマシーンに乗ったバロンがキラーマシーンの強さに心が奪われるのですが、人間は簡単に心が奪われてしまうものでしょうか?僕はこんなものを乗っていたらすべてを破壊しそうで逃げ出しますね。あまりの強さに自分が王様になった気分になる人もいるんでしょうね。大人になって、心を奪われるとは金に目が眩み裏切るとかか。あと、恋愛に嵌る人とか。

今回の最後はキラーマシーンに少しばかり穴が開いて、そこに放たれたベギラマが中のバロンを黒焦げにしてジエンド。ここは、ベギラマじゃなくてベギラゴンのほうが良かったんじゃないと思う。ダイの大冒険のベギラゴンカッコいいですよね。両手で渦巻く炎を操り敵に放つやつ。この呪文、ポップは使ったことないんだよな。使ったのはハドラーとマトリフだけか。

TOEIC246回アビメ届く

f:id:morisan3rd:20200116224258p:plain

 

ちょっきり800点。リスニングをもう少し稼ぎたかったところ。Percentile rankを見るとリスニングが71。やっと上位30%に食い込んだのか・・・ すごい人がたくさんいるなぁ。

 

f:id:morisan3rd:20200116224637p:plain

三番目のパート2に関する部分が100%。そんなにできた気がしなかったんですがね。

一番下の目的や暗示はパート3や4の部分で、出来は平均以下か。パート2が苦手だと思っていたけど、どちらかというとパート3,4を鍛えたほうがよさそう。

f:id:morisan3rd:20200116224916p:plain

リーディングは文法が9割を超えていない。時間配分を考えてパート5を飛ばすようになってから9割は超えなくなった。塗り絵は10問以下に減ったけどパート5を犠牲にしているので点数が上がったのかどうかはいまひとつ分からない。

2番目の具体的な情報を見つけて理解はパート7の範囲だが、めちゃくちゃ飛ばし読みなので情報をスキャンしている時間がない。よって出来がよくない。結論はもっとはやく読めるようになれということだ。まずは塗り絵なしを目指して頑張りたい。

 

TOIEC800点突破した感想と800点の実力について

 

f:id:morisan3rd:20200115193456p:plain

ここまで来るのが長かったというのが第一の感想。社会人になり、英語を再勉強し始めて10年を大きく超えてしまいました。真剣にやったときもあれば、ダラけたときもあれば、仕事が忙しすぎて全くできないときがありました。もっと早くこのレベルに到達したかった、できたはず、というのが思いです。それでも諦めずにここまで来られたのは嬉しいです。

第二の感想としては、まだまだ道半ば。800点を取れば多少英語が話せるようになっていると漠然と思っていましたが、英語が使いこなすには全くの実力不足です。英語を極める道は相当に厳しいと改めて感じた次第です。

この実力ではリスニングに相当苦労しそう。ネイティブの話を30%理解できればかなり良いほうかと思います。実際TOEICでも50%位の理解で正答を推測している現状ですから。

スピーキングも片言です。関係代名詞などを絡めた長い文は話すことはほとんど無理で、短い文を組み合わせてなんとか意思を伝えていくレベル。

一方、リーディングは時間がかかるものの辞書なしで結構読めるレベルになっていると思います。しかし、仕事で使うのは読むスピードが遅いのでまだまだ使えないと思います。インターネットを使って英語の情報を検索するのは骨が折れる仕事です。

ライティングのレベル感は良くわかりません。僕の場合はNCCに通っていたのと、仕事で英文を書いているのでTOEICだけの勉強をしていた人よりはちょっとできると思います。少し書けるといっても日本語から英語に変換するときどのような構文を使えば良いかが比較的スムーズに思いつくことができるという感じです。短時間で書いたりナチュラル英語で書いたりするにはまだまだ勉強する必要があると思います。

総合的にみると使える英語としてはまだまだ実力不足です。TOEIC900点に達したとき、少しは使える英語となっているでしょうか?そもそもいつ900点に到達できるでしょうか?

英検とNCC総合英語学院

f:id:morisan3rd:20190929220515p:plain



先日、TOIECとNCC総合英語学院は相性が悪いと書きましたが、一方、英検は結構相性が良いのではないかと思っています。なぜなら、NCCに通っているときはTOEICの点数が微動だにしなかったのですが英検のスコアは着実に上昇したからです。そして無事に英検準一級を取得できました。なぜ、NCCの勉強は英検には効果があるのか考えてみると、僕は英検のテストの作りがTOIECと違って語彙・文法重視になっているためと考えます。

TOEICはどちらかというと速読などの処理能力を試しています。ECOPやNCCの特別課題は速読を鍛えるようには意図されていないため、TOEIC対策には向いていないと思います。NCCは文法をしっかり作ることに重きがおかれています。

英検の場合は語彙が難しいのですが、NCCの特別課題である単語AやBをマスターすればかなりの部分がカバーできますし、ECOPの文法をマスターすれば長文を読むことができます。英検は時間がたっぷりあるので速読は要求されません。

また、ECOPの勉強はライティング対策にもなっていると思います。

しかし、NCCの学習はリスニングに対してもほとんどケアがありません。リスニングは自分自身で鍛えなければなりません。英検はリスニングがダメでも他の分野でカバーできるという特典がありリスニングが苦手でも合格可能な場合があります。一方のTOEICは半分がリスニングなのでリスニングができないと致命的です。

最後にスピーキングですが、もちろん、NCCは話すための勉強なので、英検1次を突破すればスピーキングの2次試験の合格はほぼ約束されたものです。

これがNCCと英検の相性が良い理由です。英検準一級以上を目指される方はNCCの門を叩いてみるもの良いと思います。

ちなみに、NCCにも英検対策なるものがありますが、これもTOEIC対策同様かなりエグイ内容となっており(膨大な勉強量になっており)、これで対策しようとすると心が折れるかもしれません。英検1級を目指されるならこの量が必要かもしれませんが、準1級であれば通常の授業と特別課題の単語Bをマスターすれば十分に対策できるのではないかと思います。

TOEICとNCC総合英語学院

f:id:morisan3rd:20190413230907p:plain

NCCに通っただけではTOEICのなかなか点数は上がらないと思います。僕の場合、NCCに通学している1年半の間は680点~730点の間で安定していて点数はわずかにしか上がったかどうかという感じでした。

 

僕が思うにECOPの暗記暗唱やインタープリテーションはTOEIC(L&R)とは相性が悪く、リスニングの強化やリーディングの速読にはあまり有効ではないと考えます。文法のパート5には有効ですが効率的ではありません。TOEICに出ないようなことも網羅的に学ぶためかけた労力に対してTOEICの点数の上がり方が小さいです。

 

しかし、800点を超えている人にとってはNCCの勉強が有効ではないかと思います。それは、TOEICには参考書に出てこない難問が毎回数題出題されるからです。TOEICは800点後半を目指そうとすると滅多にでない事項でも逃すことなく解けるように実力をつけていかなければなりません。NCCの勉強は真の英語力の養成ですのでめったに出ない事項も漏れなく学ぶことができるのです。TOEIC対策本では細かい事項が省略されることも多く、800点を超えるとまれにしか出ない問題にどう対応すべきかが課題になってくるからこそNCCの勉強が有効になってきます。NCCでは仮定法からnot so much but、no matter howと言ったTOIECでは滅多に見ないことも暗記暗唱で徹底的に網羅していくので、細かいところまでカバーできます。

 

一応、NCCにもTOEIC対策はあるのですが課題が厳しすぎてTOEICのみをターゲットとしている学習者には向きません。この対策で課される課題は膨大でこれだけやればTOIEC900点取って当たり前と思えるもの。真の英語力を目指すのがNCCなので、このような課題になるのもしょうがないといえばしょうながいのですが、手っ取り早くTOEICの点数を上げたい人にとっては全く向きません。

 

よって、結論はTOEICの素早く点数を上げたい人は、NCCには入学せずTOEIC専門の対策書で勉強したほうがベター。TOEICの点数は気にせず真に実力を養いたいと考えている人はNCCに入学してECOPや特別課題に真摯に取り組みましょう。TOIEC800点を超えている人であればNCCの勉強は有効であると考えます。ご参考になれば。

第247回TOEIC(2020年1月12日)の感想

f:id:morisan3rd:20190929220515p:plain

 

TOEIC受験された方、お疲れ様でした。前回800点に到達したのでできるだけ上積みしたいと張り切って受験したのですが難しかったなぁ。僕が受けたのは女性がハンドバックに手を伸ばしている写真のやつです。あとパート7にはchampionの同義語を問う問題があったやつです。今回はリスニングで心が折れそうになった自分を奮い立たせてリーディングを頑張ったのですが、リーディングも難しく終わったときには茫然自失という感じでした。

 

 

今回の僕的難易度は

 

パート1 やや難

パート2 やや難

パート3 普通

パート4 難

パート5 やや難

パート6 難

パート7 やや難

 

です。

TOEICの先生方も難しめの評価を出しています。

 

TEX加藤先生

(引用) http://texkatotoeic422.blog33.fc2.com/
 Part1 やや難 

 Part2 やや難 
 Part3 難 

 Part4 普通 
 Part5 普通 

 Part6 やや難 
 Part7 普通 

 

花田先生

(引用)https://ameblo.jp/hanadatoeic/

 Part1: やや難

 Part2: 難

 Part3: やや難

 Part4: 普通

 Part5: やや難

 Part6: 普通

 Part7: 普通

 

僕の感想を具体的に書きます。

 

パート1 

これが正解と自信を持てない問題が2題位あった。消去法でなんとか正解していると思うけど。

 

パート2

質問が分かっても、答えがわからない問題が3問位。質問と回答の距離が遠い問題が多いのではないかと思う。質問の意味も分からない問題が2問位。やっぱりリスニングが苦手と思った次第。

 

パート3

それほど難しい問題はなかったと思う。9割くらい取れているはずと思った。でもTEX加藤先生も花田先生も難しいと言っている。これは駄目だったということか・・・

 

パート4

大問3問位ストーリーが掴めず塗り絵になってしまった。でも先生方は普通だと言っている。精神的なプレッシャーで聞き取れなかったか!?後半はかなりめげそうになった。できない問題がでると次もできなくなる悪循環。なかなか断ち切れない。

 

パート5

なんとか精神を立ち直して臨むものの、時間配分に注意したが難しく時間が取られた。全く分からないのではなく、よく考えれば分かりそうな気もする問題が多くペースが掴めない。パート5だけで12分位かかった。正答率は8~9割位か。

 

パート6

三番目のストーリーが全く掴めず難しかった。時間がないので飛ばしたが、もう一度じっくりと取り組んでみたい。ゆっくりやれば解ける問題だったかどうか確認したい。精神的なものだったかどうか。パート6の消費時間は10分。

 

パート7

語彙難し目だったと思う。自信を持って正解といえる問題は少なかった。シングルパッセージで1問飛ばし、トリプルパッセージで1問ほぼ手付かず。計6問の塗り絵をやってしまった。全問到達できるまでにはまだまだ勉強が必要だと思った。勉強というよりも練習か。それと同時に語彙の強化か。