英語学習 ~TOEIC ・英検 初段への道~

TOEICと英検に挑戦するブログ

スポンサーリンク


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 6話(勇者の家庭教師)

f:id:morisan3rd:20200719201623p:plain

出展)ドラゴンクエスト ダイの大冒険 6話(勇者の家庭教師)

彼の名はアバン・ジュニアールIII世。みんなが大好きアバン先生の初登場です。ひょうきんだけど根は真面目で超強い。子供の頃の憧れの存在でした。アバン先生の登場なしには彼の死なしにはダイの大冒険がここまでヒットしなかったでしょう。それだけ魅力的なキャラクターでした。師匠の役割を担ったちょっとおちゃらけたキャラは当時のジャンプではドラゴンボールの亀仙人がいましたが、命を賭して戦い死んでしまうのは共通なのですが、アバン先生にはエロさがありませんでした。むしろ、後半で責任を取ってフローラと結婚したらと冷やかされて照れているところをみるとむしろ奥手。アバン先生がエロかったならば話の流れもだいぶ違った気がします。伝説の勇者の威厳が保てなかったでしょう。アバン先生があの性格がぴったりで、あの性格でなければならなかったのです。ただ、強いだけでなく優しくてユーモアあふれる性格が読者を惹きつけました。アバン先生の死に対して女性ファンから抗議の手紙が来たそうですが、亀仙人みたいな性格だったらどうだったでしょう。むろん、エロいアバンだった場合のフローラとのからみも気になるところではありますが。

また、この話では物語を進めるうえで重要な魔法であるマホカトールが出てきます。後にポップがブラスを救うためのあの呪文です。さらに上位魔法であるミナカトールもマホカトールなしには語れません。アバンが「チョー」と叫びながらデルムリン島を一周して魔法陣を書いたシーンも良かったですね!公園のグランドに書いたりして真似をしませんでした?