英語学習 ~TOEIC ・英検 初段への道~

TOEICと英検に挑戦するブログ

スポンサーリンク


TOEIC 400点取得

勉強のイラスト「テスト勉強・男の子」

 

 

概要

TOEIC400点を取得するための勉強方法をまとめます。400点の取得は学生時代英語が得意であれば初受験でも取れる可能性がありますが、英語が得意ではない人は達成できないレベルです。400点のレベルは英検で換算すると準2級位です。400点レベルは高校生レベルの問題が解ける必要があると思うかもしれませんが、下手に高校レベルの勉強に手を出すよりも中学生レベルの問題を完璧に仕上げたほうが400点を取りやすいと思います。

 

400点取るまでに必要な時間

必要な学習時間は現在の点数が300点ならば、約200時間位見積もっておく必要があります。1日3時間で2カ月強、1日2時間で3か月強です。かなりの勉強量が必要に感じられるかもしれませんが、点数が高くなるほど勉強時間が増えるので、点数の低いうちにたくさん勉強する習慣を作っておくことが大事です。

 

必要な教材と勉強方法

 400点するために下の5つの教材を準備します。

  1. どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

  2. 1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急
  3. TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
  4. 新TOEICテスト 英文法をはじめからていねいに 改訂版 (東進ブックス)
  5. [新形式問題対応/音声DL付]TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 2 & 1 究極のゼミシリーズ

上記の1~3までは徹底的に学習し、4と5は時間の余裕があるときにパラパラ見る感じで大丈夫です。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)は1冊を極めます。使い方は300点レベルのところにも書いたので割愛しますが、中学3年生レベルまでやりこみます。瞬間英作文はスピーキング用だと思うかもしれませんが、これは基礎英語力をつける上で極めて大事な勉強です。英語は頭で理屈は分かっていても、実際にはできない・使えないということはよくあります。瞬間英作文を繰り返すと単なる理解が実際に使えるに変わります。理解を使える英語にする訓練には瞬間英作文がぴったりです。この段階では理解できないかもしれませんが、この本をやり終えれば私の言った意味がわかると思います。(勉強時間の目安:1日1時間)

 

1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急は文法書でパート5の対策の本ですが、基本的な文法を学ぶのに適しています。この本は問題数が全部で118問しかないので最後までやります。初見でも3時間位あればすべて一通り見ることができると思います。この本は負荷が小さいですので何回も繰り返して勉強します。本の最後の900点レベルは難しいですが、文法的に重要な構文が含まれているので勉強しておきます。この本を完璧にできれば、語彙がまだ足りないのでまだ厳しいですが、Part5の問題が半分程度は取れようになります。(勉強時間の目安:1日30分)

 

TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)は全部覚えます。日本語から英語に変換できるようになるまで覚えます。この本は基礎中の基礎なので完璧にします。1日5ページなどと決めて進むといいです。学習した部分を何度も復習しながら進めていくのがコツです。復習なしでは長期に記憶に留めることは困難です。最終的に全部覚えるまで何度も復習します。音声も聞いて自分の発音のイメージと実際の発音を一致させます。単語を覚えるのはシンドイですが、単語は英語学習の要です。語彙が足りないと次のステップには進めません。(勉強時間の目安:1日30~60分)

 

新TOEICテスト 英文法をはじめからていねいに 改訂版 (東進ブックス)は文法の勉強です。文法は1.の教材で基本的なものはマスターできるのですが、TOEICではさらにプラスアルファの文法知識が問われるのでこの本で勉強します。一通り読んで問題を解けばOKです。400点レベルだと細かい文法を知らなくても達成できるので、このレベルでは完璧に覚える必要はなく、解けない問題があったら本書を参考に解けるようになればよいです。(勉強時間の目安:1日30分)

 

[新形式問題対応/音声DL付]TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 2 & 1 究極のゼミシリーズはリスニング対策です。400点未満の場合は語彙と文法を鍛えるのが先決ですが、テストの半分はリスニングなので、テスト対策としてリスニングの訓練も始めていきます。Part3と4の長文は400点未満では難しいのでPart1と2の対策をやります。この本は全部やる必要はありません。本書の解説を読むと同時にリピーティング、オーバーらラッピング、シャドーイングを繰り返してリスニングに慣れていきます。(勉強時間の目安:1日30分)

 

以上のメニューでTOEIC400点に最短で近づくことができますので、これから勉強しようと思っている方は試してみて下さい。

 

www.morisan3rd.site