英語学習 ~TOEIC ・英検 初段への道~

TOEICと英検に挑戦するブログ

スポンサーリンク


英検とNCC総合英語学院

f:id:morisan3rd:20190929220515p:plain



先日、TOIECとNCC総合英語学院は相性が悪いと書きましたが、一方、英検は結構相性が良いのではないかと思っています。なぜなら、NCCに通っているときはTOEICの点数が微動だにしなかったのですが英検のスコアは着実に上昇したからです。そして無事に英検準一級を取得できました。なぜ、NCCの勉強は英検には効果があるのか考えてみると、僕は英検のテストの作りがTOIECと違って語彙・文法重視になっているためと考えます。

TOEICはどちらかというと速読などの処理能力を試しています。ECOPやNCCの特別課題は速読を鍛えるようには意図されていないため、TOEIC対策には向いていないと思います。NCCは文法をしっかり作ることに重きがおかれています。

英検の場合は語彙が難しいのですが、NCCの特別課題である単語AやBをマスターすればかなりの部分がカバーできますし、ECOPの文法をマスターすれば長文を読むことができます。英検は時間がたっぷりあるので速読は要求されません。

また、ECOPの勉強はライティング対策にもなっていると思います。

しかし、NCCの学習はリスニングに対してもほとんどケアがありません。リスニングは自分自身で鍛えなければなりません。英検はリスニングがダメでも他の分野でカバーできるという特典がありリスニングが苦手でも合格可能な場合があります。一方のTOEICは半分がリスニングなのでリスニングができないと致命的です。

最後にスピーキングですが、もちろん、NCCは話すための勉強なので、英検1次を突破すればスピーキングの2次試験の合格はほぼ約束されたものです。

これがNCCと英検の相性が良い理由です。英検準一級以上を目指される方はNCCの門を叩いてみるもの良いと思います。

ちなみに、NCCにも英検対策なるものがありますが、これもTOEIC対策同様かなりエグイ内容となっており(膨大な勉強量になっており)、これで対策しようとすると心が折れるかもしれません。英検1級を目指されるならこの量が必要かもしれませんが、準1級であれば通常の授業と特別課題の単語Bをマスターすれば十分に対策できるのではないかと思います。